【時間の自由】アフィリエイトで時間の自由を手に入れる




 

【時間の自由】アフィリエイトで時間の自由を手に入れる

 

こんにちは

 

 

加藤あやめです。

 

 

加藤あやめ,アフィリエイト

 

“自由に生きる”とは

 

自分の心、気持ち、考え方や価値観…

 

それらを、社会の常識とされる誰かに作られた“枠”に左右されず、自分の足で歩き、掴んでいくことだと思います。

 

 

 

つまり、“自分を律して自分で立つ”。

 

 

 

過去の記事にも書いていますが、自分がどう感じ、どうありたいと考えるかというところの、自律

 

それによって、自分の心に思い描く自由が現実のものへと近づいてくるのだと考えられるのではないでしょうか。

 

 

 

 

今回は、【時間の自由】について考えてみます。

 

 

 

時間の自由 それは

何時に○○をして、

 

何時には○○しなければいけない。

 

何時までは○○から勝手に動くことはできない…。 など、

 

“他者に決められた時間枠にある時計の針”に管理された時間配分からの解放

 

 

そして、時間に縛られた生活が自分に及ぼしている影響力に気づくことかもしれません。

 

 

 

私たちは、一日24時間というみんな同じ時間枠の中にいます。

 

 

 

そして、この世に命を授かり生まれてから、その命の火が消えてこの世を去るときまでが自分の持っている時間ですね。

 

 

 

その時間に、どれだけ自由と感じられる生き方ができるのでしょう。

 

 

 

一般的な会社勤めをしているとして一日の始まりを想像してみてください。

 

 

 

例えばです。

 

平日は目覚まし時計を何度も確認してセットしてから寝床に入り、毎朝6時に起きて、コーヒーを沸かして目を覚まさせて、軽く朝食を摂ります。

 

 

 

6時30分からシャワーをして、6時45分頃に出てから着替えやお化粧などの身だしなみを整えます。

 

(あるいは、そんな悠長な時間などすっ飛ばして、ギリギリまで寝て、起きたら10分で身支度完了だよ!という人もいるでしょう。)

 

 

時間を気にしながら7時15分に家を出て、7時30分の電車に乗るために自転車を走らせたり、早歩きをしていつもの電車に駆け込みます。

 

(途中で乗り換えなどもあるかもしれません。)

 

 

 

8時30分に会社に着いてから、始業時間までに簡単な掃除をしたり、制服に着替えたり、準備をして10分前に席につく・・・。

 

 

 

 

ざっと朝の段取りを書いてみましたが、ここまで全てが会社に行くための時間に支配された動きですね。

 

 

 

これが独身者ではなく、家族のいる方で考えると更に大変です。

 

 

 

子どものお弁当の用意があったり、ゴミ出しをしないといけない日だったり、保育所や幼稚園へと回る時間を考えないといけなかったりと、

 

更に細かく時間を気にしながらの朝のドタバタがあるのですね。

 

 

 

朝のほんの数時間の動きを見ても、これだけの時間の支配を受けて過ごしているのですから、
一日の動きで考えてみるとどれだけ時計を気にしながらの毎日を繰り返して過ごしているか、改めて想像してみるだけでも頭が痛くなってしまいますね。

 

 

 

ここで、もう一度振り返ってみてください。

 

 

 

時間を気にしながらとっているほとんどの行動が、
仕事に行くためを前提とした時間配分なのですね。

 

 

 

ここで、「当たり前のこと」、「何を言ってるの」と簡単に感じるかもしれませんね。

 

 

 

もし、そう感じたとしたら、もう無意識に時間に支配されているのだと思います。

 

 

 

考えてみてください。
私たちは、働きに行くために生きているのではありませんね。

 

 

 

生きている時間、生活の中の一つが“仕事”なのです。

 

 

 

にも関わらず、全ての時間配分のベースが仕事中心で回っているのですね。

 

 

 

 

こうして振り返ってみると、普段の生活が仕事ベースの時間に支配されていて深く考えることなく同じことの繰り返しの毎日ですから、

 

中には、やっときた休日には何をしていいのか分からないということまでも出てきてしまいます。

 

 

 

それは、自分の人生に対して、自分で時間を管理する生活がないからなのかもしれません。

 

 

つまり、自分の本当の意思の部分とは違いながらも、仕事に行く時間が生活の大部分を埋めているので、

 

それ以外の時間が本当の自分らしい“心を優先した時間”というだけの重さが見えなくなるのだと思うのです。

 

 

 

そうすると、変に時間をもてあましてしまい、考え想像するという脳の動き方がどこか脇へと追いやられてしまうのかもしれません。

 

 

例えばどこかへ出かける予定を入れるよりも、溜まった洗濯や掃除を適当に済ませ、1週間分の食料を買うために近所のスーパーに行く程度で、

 

大抵の休日を同じ繰り返しの一日で終わってしまうなどがありませんか。

 

 

 

そして、その状況に対して何か物足りなさを感じるも、翌日からの仕事を考えると余計な体力を使うよりも寝ていたいと思ったりするのです。

 

 

 

 

これではいつまでも時間の自由が手に入ることはないということなのです。

 

 

自分では気が付いていないのですが、自分の思考が完全に仕事に行かなければいけないと考えた時間枠を中心にして回っているのです。

 

 

 

もしも、働くことで生きがいを感じたり、今の仕事に充実感があり、仕事をしているのが何よりも自由を感じる時間なのであれば、それで十分だと思います。

 

もうすでに時間の自由を手にしているということなのですから。

 

 

 

けれども、働きに出ることで自分のしたいことをする時間が持てなかったり、

 

自分が自由だと感じることができる時間を犠牲にして、毎日働きに出ている人にとっては辛いですね。

 

 

 

 

今頑張って働き続けていたら、いつかは自由な時間が持てるようになるだろうと、何の根拠もないまま願望と妄想で自分に言い聞かせていたりします。

 

 

私もそうでした。若い時には“そのうちきっと何とかなってるんじゃないかな”と、不安をかき消すように根拠もなく安易に思っていました。

 

 

けれども状況は悪くなることはあっても、良くなる実感はなかったのですね。

 

 

 

雇われて働くスタイルは、例え正社員でもパートでも、アルバイトでも一緒なのです。

 

 

 

その時間は会社に拘束されている時間ですから、月給や時給の金額に関係なく、時間の自由を持つことはできないのです。

 

 

では、自営業をするとどうなのでしょう。

 

 

 

一から会社や自分のお店を構えるとすると、まずは大きな資金が必要ですね。

 

 

 

そして、自分が先頭に立ってゼロから創り上げていかなければいけません。

 

 

 

それこそ寝る間も惜しんで、あちらこちらにと営業にかけずり回ったり、技術を磨いたりと、することが山のように出てくると思います。

 

 

 

商売が上手く軌道に乗るまでにどの位の時間がかかるかは分かりませんし、時間の自由は無いに等しいのではないでしょうか。

 

 

 

生活するためにはお金が必要ですから、収入を得なくては生きていけません。

 

 

 

だからといって、自分の残りの人生の時間を“仕事や他者の決めた時間配分”に支配されたままで

 

気が付いたら、自由を知らないまま人生の終わりを迎えていた…なんて生き方、虚しいと思いませんか。

 

 

 

 

私は、そのうような働き方では“自由を知らないまま人生の終わりを迎えていた…”になりそうで、
働き方を考えたのです。

 

 

 

それがアフィリエイトです。

 

 

 

自分一人で記事を書くわけですから、好きな時にパソコンを開くことで始まります。

 

 

朝、何時に起きてもいいですから、私は8時ちょっと前に起きます。

 

毎朝、起きたらベランダに出て空を眺めます。

 

 

 

そしてこの数年、毎日楽しみにしている“朝ドラ”をコーヒーを飲みながら見るのが私の日課です。

 

 

そこからは、月に数日のパートがある日には私も時間を気にしながら職場に向かう用意に追われますが、

 

それは、ずっと家にこもってしまうのを予防するのに役立っています。

 

 

 

離婚して、独り身ですから外に出なければ誰とも喋らずこもってしまう日が増えてしまいます。

 

パートに出ると運動不足の解消とブログ記事になるヒントも得ることができるので、今の私には丁度いい働き方になっています。

 

 

それ以外の時間は自由なのですね。

 

 

ですから、お天気がよくて気分もよければ、プラッと電車に乗って出かけたり、近くの公園を散歩したり、

 

気の済むまで掃除をしてみたり、またお布団に入り二度寝をすることも自由なのです。

 

 

 

 

プロフィールをご覧になった方はご存じだと思いますが、
私は癌による後遺症があるので、体調がよくないときは半日くらい寝たり起きたりを繰り返しながらの日もあるのが現状です。

 

 

 

そんな経験もブログアフィリエイトをするきっかけでした。

 

 

時間のゆとりを持った働き方を考えたからです。

 

 

 

ブログでのアフィリエイトビジネスは、時間の自由が手に入ります。

 

 

 

そして、私の様にたくさんの時間働きに出る体力がなかったり、

 

小さい子どもを育てていて外に長い時間働きに出ることはしたくない主婦の方、

 

何よりも、もっと

 

“自由な時間”=“誰かに支配された時間枠ではなく、自分で決めた時間の過ごし方”

 

を求めている人にとって、唯一の選択肢なのだと思います。

 

 

 

時間の自由が手に入れば、会いたい人にいつでも会いに行けます。

 

 

時間がない!とイライラすることもなくなるでしょうから、心のギスギスしたものも丸くカドが取れてくると思いませんか。

 

 

そうすると、きっと表情も柔らかく穏やかになってくる気がします。

 

 

 

そして、行きたいところにも、カレンダーを気にして休日を心待ちにしてではなくいつでも行くことができるのです。

 

 

 

毎朝、遅刻しないようにと幾つもの目覚まし時計をセットし、憂鬱な気分で仕事に行かなければいけない恐怖からも解放してくれます。

 

 

 

仕事は自分の決めた好きな時間に好きなだけすればいいのですね。

 

 

 

誰にも指図されることもなければ、自分の気分次第でしてはしなくてもいいのです。

 

 

 

時間の自由とは、自分で考え、自分で決めた時間枠の中でどう動くのか・ ・ ・  ということだと思いませんか。

 

 

 

アフィリエイトが【時間の自由】を可能にしてくれます。

 

 

 

加藤あやめ

 

 

 

追記

 

 

 

ネットもパソコンもド素人の私が、どうやってブログアフィリエイトをすることができたのか。

 

 

最小限のツールと教材を使って始めました。

 

 

私の目標は4つの自由を手にして永遠の“心の自由”を手にすることです。

 

 

 

関連記事※心の自由への近道

 

関連記事※加藤あやめの推奨教材ページ

 

 

 


人気ブログランキングへ

 


にほんブログ村

 

 

 

トップページへ

 

 

加藤あやめ,時間の自由

 

関連ページ

自由に生きる“自立”と“自律”
加藤あやめです。“自由に生きる”を考えた時に、それにはまず、“自立”と“自律”がベースになってくるように思います。けれども、それが難しいのだと感じるところもあるのですね。だからこそ、悩みますし、憧れで終わってしまうこともあるのかもしれません。
【経済的な自由】お金の不安から解放されるアフィリエイト
加藤あやめです。“経済的な自由”とはお金の不安から解放されること。欲しいものを金額を気にせず買えたり、病気になって働きに出ることができなくなっても生活費の心配につきまとわれることもないということです。アフィリエイトがお金の不安を和らげるかもしれません
【人間関係の自由】気の合わない人といても成長しない
生き辛さや心の疲れの原因には“人間関係”が大きく関わっています。気の合わない人や考え方や価値観がどうしてもすり合わせられない人といると本当に辛いですね。意見をぶつけ合える関係にもなれない人間関係はもう辞めて自由に生きる道に進んだもん勝ちかもしれません。
【場所の自由】自分が心地よくいられる場所で生きる
住む場所も、仕事をする場所も、心地よく過ごせる場所を自分で決める。『場所に縛られない自由』ブログアフィリエイトビジネスだと、どこにいても仕事ができる世界が夢ではありません。好きな場所で生きたいならパソコン一つを持って飛び出してみれば世界が変わるかもしれません。

トップページ 問い合わせ先 プロフィール 推奨教材